お疲れ様です。トレーディングオフィスです。

弊社WEBサイトにお越しいただきありがとうございます。

当WEBサイトでは、弊社がFX取引をメインとして、10年以上に渡りマーケットから利益を得てきた経験を基に、「マーケットで利益を得るために必要な考え方」「マーケットで利益を得るための具体的な方法」から「EAプログラミング」に至るまで、多岐に渡りお伝えしています。




まずは皆様に1つ質問をさせて下さい。






色々なご回答があるかと思いますが、弊社では



だと考えています。

なぜなら、1つのエッジさえ発見することができれば、あとはそれを徹底的に利用して、そこから利益を得ていけばよいからです。





エッジにはいくつかの種類が存在しますが、ほぼ以下の3つに集約されます。

 




もちろん、きちんとしたエッジであれば、どれを利用しても利益を得ることができます。

では、この3つのエッジについて少し解説を入れていきます。






「確率統計によるエッジ」を利用したトレードの代表格としてシステムトレードが挙げられます。

システムトレードとは、過去検証により優位性が確認できる一定の売買ルールに従って、機械的・継続的に行う取引手法のことを言います。

中でもEAを利用した自動売買によるシステムトレードはメジャーで、昨今ではすでに市民権を得ており、最もイメージしやすいエッジかと思います。

また裁量トレードにおきましても、結果を出しているトレーダーの売買ルールは、徹底した過去検証がベースとなっており、「確率統計によるエッジ」を利用したものの1つとなります。




逆に、「マーケットの歪みによるエッジ」は、最もイメージしにくいエッジではないでしょうか。

このエッジを利用したトレードでは、正攻法でありながら、理論上負けないポイントでトレードを行うことができます。

弊社が知る限り、そう多くは存在しないエッジですが、確実に存在します。

弊社製品で大変恐縮なのですが、こちらなどは「マーケットの歪みによるエッジ」を利用したトレードにあたります。






「FX業者の隙をついたエッジ」を利用したトレードは、正攻法ではありませんので、ほぼ確実に利益を得ることができます。

このようなトレード手法を弊社では、「裏技系」のトレード手法と称しています。

このエッジを利用したトレードの即効性につきましては、弊社とお付き合いの長い方は、何度かご体感いただいているかと思います。

しかしながら、FX業者側の対策により突然エッジ自体が利用できなくなったり、口座凍結もありえますので、常に皆様にご紹介できるものではありません。

タイミングが合えば都度ご紹介していきたいと思います。




さて、3つのエッジについて簡単に解説を入れましたが、弊社も含めまして、トレードを実行する際に、今一度考えなければならないことがあります。

それは、



ということです。




ただ漠然とトレードを行えば、必ず負けてしまいます。

投機市場であるFX市場とはそういう世界です。

弊社が10年以上に渡り、このマーケットから利益を得ることができているのは、エッジを意識したトレードを行っているからに他なりません。

エッジとは、わかりやすく「攻略法」と言い換えてもよいかもしれません。

要するにこれまで弊社では、攻略法が存在するもののみに資金を投じ、そうでないものには一切資金を投じない、そういうスタンスを継続してきました。

攻略法以外のことをすると負けてしまいます。

トレードで利益を得続けるための唯一の方法です。









トレーダーの皆様には釈迦に説法かと思いますが、どうかエッジのない、漠然としたトレードだけは避けていただきたいと思います。