主要データ SwingSystem for Developer   対象通貨ペア EUR/JPY 

   期間:2010.01〜2019.05    損益(円):
+1,797,522

   プロフィットファクター:1.69    売買回数:951    勝率:72.77%

 


 









 

   計測期間:2017.01〜2019.06     ロット設定:0.1Lot(1万通貨)単利運用     

  
 取引回数:
245     勝率:75.51%

   スタート口座:1,000,000円     口座残高:1,491,010円     利益:+491,010円

 







弊社EAは過去の為替データ(2010年〜)およびフォワードテストデータ(2017年〜)において「均一な右肩上がりの資産曲線」を描くことが上記よりお分かりいただけるかと思います。

もちろんバックテストおよびフォワードテスト期間中には様々な相場状況が存在しているわけですが、「均一な右肩上がりの資産曲線」はどの期間においてもロジックが機能し、トータルで利益を上げていることを意味しています。

また同時に様々な相場状況で機能してきたロジックは、将来においても十分に機能する確率が高いことを意味します。




当該EAのトレードタイプはデイトレード・スイングトレードを主体とした中・長期トレードタイプとなります。

ロジックにはシンプルかつ為替相場の本質を捉えたロジックを採用しております。

ロジックの詳細はセミナー内でお伝えすることになりますが、上記フォワードテストデータからもお分かりのように、為替相場の本質を捉えたロジックのため、実際のマーケットでも長期に渡って、堅実に利益を獲得してくれています。

比較的シンプルな構成である当該EAのロジックは、当セミナーのテーマには打ってつけだと考え、今回ロジック・ソースコードを余すところなく、すべて公開することに致しました。
 

















お疲れ様です。今回当セミナーの監修をさせていただきました、トレーディングオフィスの富崎です。

EAプログラマーへの最短ルートは「実際に利益が出せるEAのソースコードを学習すること」だと考えています。

かつて、私が初めてEAのソースコードを見たのは、MT4(EA)の海外フォーラムにアップロードされていたものでした。

もう10年以上も前の話です。

当時はMT4(EA)に関する書籍もほとんどありませんでしたので、そのソースコードを見ながら、独学でEAのプログラミングを学習しました。

EAのプログラミング自体はそれほど高度なものではありませんので、程なくして、ほぼどのようなロジックでもプログラミングできるようになりました。

独学ということもあり少々時間は掛かりましたが・・・。


しかしながら、肝心の利益が出せるEAをプログラミングできるかと言うと、そうではありませんでした。

当時の私は海外フォーラムに無料でアップロードされているソースコードをベースにプログラミングを学習していました。

所詮は無料で拾ってこれるようなソースコードですので、プログラミングの学習には事足りましたが、マーケットで実際に利益を出せるような代物ではなかったわけです。

トレードの世界では利益を出すことがすべてです。

そこから、私の「利益が出せるロジックの探求」が始まりました。

経験上、1つでも利益が出せるロジックを見つけることができれば、そこから勝てるロジックを構築するコツのようなものが掴めてきます。

私の場合は、その1つを見つけるまでに相当な時間が掛かってしまいましたので、実際に利益が出せるロジックを構築できるようになるまでに、プログラミングの習得の何十倍、何百倍もの時間を費やしたように思います。




今回、当セミナー「EAプログラミングセミナー」を監修することになりましたが、当時このようなサービスがあれば、私は即座に飛びついていたと思います。

10年以上、EAのプログラミングに携わってきている私だからこそ、断言できます。

実際に利益が出せるロジックが公開されているだけでも、非常に稀なことですが、さらにそのソースコードをベースにEAのプログラミングを学習できる環境など、まず他にはあり得ません。




私にとってEAは単なるトレードの道具に過ぎません。

これは今も変わりはありません。

しかしながら、EAのプログラミングを習得してから、私とEAを取り巻く世界は確実に広がっています。

私はこれまで「プログラミングに関する書籍の出版」「 FX専門誌でのプログラミングに関するコラムの連載」などを経験してきました。

これらのことは、なかなか通常では経験できない世界だと思います。

EAのプログラミングを習得したからこそ、見ることができた世界です。

また、私は個人、法人を問わずEAの制作依頼を受けることもあり、正直に言いますと、それ相応の対価を頂きます。

マーケットからの利益だけではなく、このような対価の受け取り方も、EAのプログラミングを習得したからこそ、見ることができた世界だと思います。


さあ、次はあなたの番です。

当セミナーでEAプログラミングを習得され、あなたもEAプログラマーとして、ご自身の世界をさらに広げてみて下さい。

EAプログラミングの知識は一生ものです。
  




 






当セミナーではEA「SwingSystem for Developer」のロジックを完全公開しております。

実際に利益が出せるEAのロジックが公開されることは非常に稀です。

経験上、1つでも利益が出せるロジックを見つけることができれば、そこから派生して、複数の勝てるロジックを生み出すことができるようになります。
 

正直、これだけでも当セミナーにご参加される価値は十分かと思います。

提供しておりますEAのロジックは比較的シンプルかつ堅実なロジックです。

「実際に利益が出せるロジック」と「複雑なプログラム」がイコール関係ではないことがご理解いただけるかと思います。
  
 






当セミナーではEA「SwingSystem for Developer」のソースコードを完全公開しております。
 

また、完全公開のみに止まらず、ソースコードの徹底解説も行っております。

ソースコードの徹底解説を通じて、「どのプログラムが」が「EAのどのような動き」に対応しているのかを理解していただくことで、EAプログラミングの実戦的な学習を行っていただけます。

さらには、公開しておりますソースコードに、セミナーご参加者様のアイディアを足していただくことで、オリジナルのEAを生み出すことも可能です。
  






当セミナーで解説しているEAのソースコードには「3ブロック記述法」を採用しております。

3ブロック記述法とは、プログラム初心者の方にとっては複雑に感じるソースコードを、3つのブロックに分けて記述していくことで、「どこに」「何が」記述してあるのかを明確にする弊社プログラマー独自の記述法です。

実はEAのプログラミングは、それほど高度なものではありません。

弊社プログラマー独自の シンプルな記述法で、ほとんどのロジックをEA化することが可能です。

弊社が、それ相応の対価を頂くEAの制作依頼等でも、基本的には上記の記述法を採用しています。

「これでダメならEAのプログラミングはあきらめて下さい」とまでは言いませんが、そう申し上げても過言ではないほどシンプルな記述法です。
 






当セミナーでは「専用のクライアントページ」をご用意しております。

クライアントページ内では

・ EA「SwingSystem for Developer」のダウンロード(ex4ファイル・mq4ファイル)

・ ロジックの完全公開およびその学習

・ ソースコードの完全公開およびその学習

を一元して行っていただけます。

EAプログラミングの実戦的な学習を行うにあたって、「これ以上ない」と申し上げても過言ではないほどの環境をご用意させていただきました。

当セミナーは「オンラインセミナー」となりますので、ご自身のペースで実戦的な学習を進めていただければと思います。
   






当セミナーでは「メールサポート」をご利用いただけます。

弊社ではこのメールサポートサービスが、オンラインセミナーの大きな利点の1つであると考えております。

現在ではMT4(EA)に関する書籍はたくさんございますが、書籍内で疑問に思ったこと、不明な点を直接、著者に質問することは、なかなか難しいのではないでしょうか。

オンラインセミナーではメールサポートを通してそれが容易に可能です。

セミナー内容(ロジック・ソースコードの解説)でご不明な点がございましたら、専用フォームよりご質問下さい。 


※ 期間は当セミナーご参加より365日間(1年間)とさせていただきます。期間内の回数は無制限です。
 
 











当セミナーで提供しておりますEA「SwingSystem for Dveloper」はEAプログラミングの実戦的な学習のためのサンプルEAという位置づけになってはおりますが、もちろんそのままEAとして稼働されても遜色のない実力を備えております。

先述のようにロジックにはシンプルかつ為替相場の本質を捉えたロジックを採用しております。

ロジックの詳細まではここでお伝えすることはできませんが、上記フォワードテストデータからもお分かりのように、為替相場の本質を捉えたロジックにより、実際のマーケットでも堅実に利益を獲得してくれています。

トレードの世界では利益を出すことがすべてです。

そのような真理的な意味合いでは、そのままEAとして稼働されることもありだと思います。
 


しかしながら、今回はロジックを理解することができる、またとない機会です。

ロジックを理解した上で、EAを稼働させた場合、「どのような相場で利益が出るのか?」「どのような相場で損失が出るのか?」「現在がどのような相場状況なのか?」など自然と自分の目でマーケットと向き合うようになります。

この姿勢がシステムトレーダーとしてのレベルを確実に向上させると弊社では考えております。

一時的に損失を被ることはあっても「長期的にはそうそう負けることはない」と自負できるほど、堅牢なロジックです。

ぜひこの機会に、実際に利益を出すことができるロジックがどのようなものかを理解された上で、EAを稼働させてみて下さい。


※ EAの設定方法に関しましては、クライアントページ内に記載しておりますので、MT4をはじめてご利用になる場合でもスムーズに初期設定を行っていただけます。
 









弊社では当セミナーで提供しておりますEA「SwingSystem for Developer」の著作権を独自にソースコードを編集されたものに限り放棄致します。

従いまして、独自にソースコードを編集されたものに限り、そのEAを二次的に公開・販売すること等も可能です。

ただし、独自にソースコードを編集されたものであっても、ソースコードそのものの公開は、有償無償を問わず、禁止させていただきます。

その他、ご不明な点がございましたら、お気軽にお問合わせ・ご相談下さい。
 









 



  はじめにお読み下さい(クライアントページへのご招待:PDFファイル 2ページ)
  トレーディングプログラム(ex4ファイル)
  ソースコード(mq4ファイル)
  クライアントページ(ロジック・ソースコードの解説・学習)
※製品は全てダウンロード/オンラインでのご提供となります



  メールサポート(365日間)
  EAプログラミングセミナー通信による最新情報の配信(不定期配信)
※EAプログラミングセミナー通信=メールマガジン/製品アップデート情報・新製品情報等の配信



ソフトウェア動作環境
CPU:Core2 Duo 1.8GHz以上
メモリ:2GB以上
HDD:空き容量1GB以上
OS:Windows XP,WindowsVista,Windows 7/8/10



 

 

投資に係るリスクおよび手数料について
外国為替証拠金取引は価格変動リスクを伴い、また証拠金を上回る取引を行うことがありますので、場合によっては投資額を上回る損失を被る可能性があります。
また取引業者の売買手数料がかかる場合があります。