お疲れ様です。トレーディングオフィスです。

当オフィスでは主に証券会社・投資顧問会社等の各機関にEAをはじめとするソフトウェアの提供を行っております。

現在ではその安定性が認められ海外の証券会社へ提供するまでに成長致しました。

当オフィスが手掛けるソフトウェアは単体で年利30%をターゲットとしています。


これを多いと捉えるか少ないと捉えるかは個人の価値観によりますが当オフィスは

1億円稼げます!」

「1ヶ月で資金が10倍になります!」

といった虚構の世界とは無縁であり、そのような世界から1人でも多くの方が脱却されることを切に願っています。


さて少しおもしろいデータが取れましたので以下に公開させていただきます。





年利120%程度のデータとなりますが

これは決して過度のリスクを取って運用した結果ではなく、金融取引の王道である「ポートフォリオ理論」をEAによる自動売買という枠組みに転用し、「適正なロット数」で運用した結果です。

「ポートフォリオ」と聞いてもうお気づきかと思いますが、上記データは単体のEA・システムでの運用結果ではなく当オフィスで公開しているものそうでないものを含め10システム前後での運用結果となります。

1EAあたり平均して年利10%ちょっとということになります。


少々語弊があるかもしれませんが

ある程度きちんとしたEAを使用すれば単体で年利10%程度を達成することはそう難しいことではありません。

記のデータも年利1020%の集合体となり、もっと言えば残念ながらマイナス運用となっているEAも含まれます。

それでも運用方法によってはこのぐらいは十分に達成可能なのです。


当講座「年利100%口座の作り方」では実際のデータをベースにポートフォリオを構築・管理していく過程を解説していきます。

誰が実践しても同じ運用結果となるのが自動売買の魅力の1つですが実はその向き合い方次第で大きく運用結果が異なります。

ぜひ当講座をご受講いただき皆様のトレードの一助としていただければ幸いです。











 

<プライバシーポリシー>

当オフィスは関係法令等を遵守し、実施するあらゆる事業において、個人情報の保護に努めます。当オフィスが取得した個人情報は使用目的をできる限り特定するとともに、その使用目的の範囲でのみ使用致します。法令等の規定に基づく場合を除いて、個人情報を事前に本人の同意を得ることなく第三者に提供することはございません。


<リスク警告>

外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替 取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって 損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。