EAによる自動売買で長期的に安定した運用を行うためには「ポートフォリオ運用」が必要不可欠であることは異論のないところだと思います。

どれほど優秀なEAであっても必ず好不調の波があり、単体のEAのみで長期間に渡り安定的に利益を上げていくことは難しいからです。

EAによる自動売買における「ポートフォリオ運用」とは複数のEAを同時に稼働させ、1つのEAにリスクを集中させずに運用を行うことを指します。


では「ポートフォリオ運用」に最適なブローカーとはどのようなブローカーでしょうか?

条件をまとめてみますと



が挙げられます。


「1」のトレーディングコンディションが安定していることとは、スプレッドや約定率が安定していることを指します。

「2」の高いレバレッジは複数のEAを同時稼働させる「ポートフォリオ運用」においては、複数のポジション保有に備えて資金を準備する必要があります。

高いレバレッジが使えるのであれば小資金から「ポートフォリオ運用」をスタートさせることが可能となりますので、上記の条件は非常に重要になります。

「3」の経営状況が良好であることは、自身の大事な資金をブローカーに預けるわけですから、必要最低限の条件と言ってもよいでしょう。

そこで今回、上記の条件を満たすブローカーとして「TitanFX(タイタンエフエックス)社」をご紹介致します。



「TitanFX社」はニュージーランドの新興ブローカーで、「TitanFX社」としての歴史はまだまだ浅いのですが、経営母体はオーストラリアを拠点として世界にサービスを提供している「Pepperstone(ペッパーストーン)社」となります。

「Pepperstone社」は、オーストラリア証券投資委員会(ASIC)によって認可を受け、2010年より営業を開始している優良ブローカーです。

「TitanFX社」は「Pepperstone社」の日本人顧客受け入れ先という位置関係になります。

もちろん日本人による充実したサポートが受けられます。


名称:Titan FX Limited
所在地:Level 4, 228 Queen Street Auckland 1010 New Zealand
金融商品取扱許可: ニュージーランド金融規制庁
Registration No.FSP388647
 






さて、「TitanFX社」はニュージーランドに拠点を置いていますが、海外ブローカーを利用するにあたって私たちが最も気になる部分は「スムーズな入出金」が可能なのか、という点だと思います。

「人柱」ではありませんが、当オフィスでは「Pepperstone社」を含めまして長期間に渡り、実際に何度も資金の出し入れを行ってきました。そして、実に7年以上の期間、1度もトラブルはございません。

この事実が「TitanFX社」の安全性を100%保障するものではありませんが、信頼をおくに有用な実績であると思います。
 
 







「TitanFX社」はNDD方式のブローカーとなります。

NDD方式とは、No Dealing Desk(ノーディーリングデスク)の略で、ディーラー(FX業者)を介さずに、複数の※カバー先金融機関が提示する為替レートで発注する方式です。
※カバー先金融機関:FX会社に為替レートを提示する金融機関

FX業者が介入することがないため、透明性の高い為替レートでトレードが可能となります。


これに対し、FX業者がトレーダーと相対する形で、カバー先金融機関が提示したレートを直接トレーダーに提示せず、そのFX業者で加工した為替レートをトレーダーに提供する方式をDD方式と呼びます。

FX業者がトレーダーと相対する場合、トレーダーが負ければFX業者が利益を得る図式となるため、国内外の業者を問わずFX業者に有利(トレーダーに不利)な操作が起こる可能性が出てきます。

もちろんそのようなDD業者は一部ではありますが、ゼロではありませんので注意が必要です。









EAはティック毎にプログラムが作動します。

従いまして、安定したEA運用には見かけのスプレッドのみならず、安定したティック配信が重要になります。

弊社では「SPREAD CHECKER」「TICK CHECKER」を用いて、定期的にレート配信の安定性を調査しています。








「TitanFX社」のMT4口座は以下の2つのコースに分かれます。

 

「BLADE(ブレード)口座」のスプレッドは抜群に狭いのですが、スプレッドとは別途、取引手数料が掛かりますので、当オフィスでは「STANDARD(スタンダード)口座」を利用しています。