海外業者の魅力と言えば、やはり高いレバレッジが使えることです。

現在の国内業者のレバレッジは25倍に対して、海外業者では200倍、300倍、もしくはそれ以上の高いレバレッジが使えます。

例えばレバレッジ25倍でドル円のポジションを1Lot(10万通貨)持つためには、40万円の証拠金が必要になりますが、レバレッジ200倍ですと、わずか5万円の証拠金で済みます。

※USD/JPY = 100円で換算

少ない証拠金で大きな取引が可能であることが、ハイレバ取引の利点ということになります。



では一般的によく言われている「ハイレバ取引は危険」なのでしょうか?

ここでもドル円のポジションを1Lot(10万通貨)持つと仮定します。

このときレバレッジ25倍であれ、200倍であれ、ストップロスを設定していれば、負けトレードとなった場合の損失額は、当然ですが同額となります。

要するにリスク管理を正しく行っていれば、レバレッジによらず、リスクは同等と考えることができます。むしろ少ない証拠金で済む分、資金効率の面からハイレバ取引にメリットがあるとも言えます。


また、多くの海外業者では、ゼロカット方式を採用しています。

万が一資金がマイナスとなってしまった場合でも、ゼロカット方式を採用している業者では、資金が「0」になるのみで、国内業者のように追証が発生することはありません。



さて、トレーダーにとって、実は色々とメリットの多い海外業者ですが、ここでは「海外業者を使ってみたい」「ハイレバで取引を行ってみたい」という方のために、弊社も利用している「TitanFX(タイタンエフエックス)社」をご紹介しておきます。

最大レバレッジ500倍、ゼロカット方式採用の業者です。


「TitanFX社」はバヌアツ共和国の首都、ポートビラを拠点としたブローカーです。

経営母体はオーストラリアを拠点として世界にサービスを提供している「Pepperstone(ペッパーストーン)社」となります。

「Pepperstone社」は、オーストラリア証券投資委員会(ASIC)によって認可を受け、2010年より営業を開始している優良ブローカーです。

「TitanFX社」は「Pepperstone社」の日本人顧客受け入れ先という位置関係になります。

もちろん日本人による充実したサポートが受けられます。






海外業者を利用するにあたって私たちが最も気になる部分は「スムーズな入出金」が可能なのか、という点だと思います。

「人柱」ではありませんが、弊社では「Pepperstone社」を含めまして長期間に渡り、実際に何度も資金の出し入れを行ってきました。そして、実に10年以上の期間、1度もトラブルはございません。

この事実が「TitanFX社」の安全性を100%保障するものではありませんが、信頼をおくに有用な実績であると思います。

ちなみに入手金には外部サービスの「bitwallet(ビットウォレット)」を使用すると、手数料も格安で使用感としましては、国内業者と何ら遜色はありません。

参考記事:「今さらながらbitwallet(ビットウォレット)というサービスを紹介します
 
 







「TitanFX社」はNDD方式のブローカーとなります。

NDD方式とは、No Dealing Desk(ノーディーリングデスク)の略で、ディーラー(FX業者)を介さずに、複数の※カバー先金融機関が提示する為替レートで発注する方式です。

※カバー先金融機関:FX会社に為替レートを提示する金融機関

FX業者が介入することがないため、透明性の高い為替レートでトレードが可能となります。


これに対し、FX業者がトレーダーと相対する形で、カバー先金融機関が提示したレートを直接トレーダーに提示せず、そのFX業者で加工した為替レートをトレーダーに提供する方式をDD方式と呼びます。

FX業者がトレーダーと相対する場合、トレーダーが負ければFX業者が利益を得る図式となるため、国内外の業者を問わずFX業者に有利(トレーダーに不利)な操作が起こる可能性が出てきます。

もちろんそのようなDD業者は一部ではありますが、ゼロではありませんので注意が必要です。







ちなみになのですが、弊社の周りでFXで大きく稼いでいる方たちは、まずは海外業者のハイレバ取引である程度資金を増やしてから、国内業者に移るというパターンが多いようです。

小資金のうちは海外業者で、ある程度まとまった資金を運用できるようになれば、安全性のより高い国内業者に移るなど、両者のメリットを生かして、賢く付き合うことが重要になるかと思います。








「TitanFX社」のMT4口座は以下の2つのコースに分かれます。

 

「BLADE(ブレード)口座」のスプレッドは抜群に狭いのですが、スプレッドとは別途、取引手数料が掛かりますので、弊社では「STANDARD(スタンダード)口座」を利用しています。