計測期間 : 2010年1月〜2021年3月   対象通貨ペア : USD/JPY

 取引回数 : 1060   勝率 : 54.62%


 損益(円) : +1,398,114円











 計測期間 : 2010年1月〜2021年3月   対象通貨ペア : EUR/JPY

 取引回数 : 1220   勝率 : 52.62%


 損益(円) : +1,984,999円











 計測期間 : 2010年1月〜2021年3月   対象通貨ペア : GBP/JPY

 取引回数 : 1001   勝率 : 51.65%


 損益(円) : +2,229,006円




 







 



 計測期間 : 2020年1月〜2021年5月  

 取引回数 : 330   勝率 : 52.73%   ロット設定 : 0.2Lot(2万通貨)固定 


 スタート口座残高 : 1000,000円     現在口座残高 : 1537,060円   利益 : +537,060円






お疲れ様です。トレーディングオフィスです。

今回のオンラインセミナー「真のシステムトレーダー養成講座」のコンセプトは、今ご覧いただきましたEA「D system(ディーシステム)」を運用しながら、セミナーご参加者様が「自分の力で勝ち続ける真のシステムトレーダー」 へと成長していただくことになります。

これから、EA「D system(ディーシステム)」の「ロジックの概要」「セミナーの詳細」等につきましてお話させていただきますので、ご興味をお持ちの方はぜひ最後までお付き合いいただければ幸いでございます。






上記「フォワードデータ」からもお分かりのように、当セミナーでご提供するEA「D system(ディーシステム)」はここまで順調な成績推移となっております。

セミナー内では、ロジックを完全公開しているわけですが、ここではそのロジックの概要について解説していきます。




当セミナーでご提供するEA「D system(ディーシステム)」は、メインロジックに順張りロジックを、サブロジックに逆張りロジックを1つずつ実装しております。

対象通貨ペアはUSD/JPY(ドル円)、EUR/JPY(ユーロ円)、GBP/JPY(ポンド円)の3通貨ペアとなります。

初期設定では、「日本時間12時に新規買い、または新規売り、または見送り」の判断を行い、発注と同時に「S/L(ストップロス)、T/P(テイクプロフィット)」を設定します。

そしてS/L・T/Pどちらにも掛かからなければ「日本時間25時に決済」を行うという比較的シンプルなロジック構成となっております。

シンプルなロジックで試行回数(トレード回数)を重ねることで、システムトレードの真骨頂である統計的有意性を発揮します。

シンプルがゆえに堅牢なロジックです。






システムトレーダー・裁量トレーダーによらず、結果を出しているトレーダーは、何か特別なロジックや手法でトレードしているように錯覚しがちですが、実際はそうではありません。

結果を出しているほぼすべてのトレーダーは、わずかな優位性を持ったロジックや手法を発見し、それを淡々と繰り返しているに過ぎません。

勝率で申し上げるのはナンセンスですが、あえて申し上げますと、短期トレーダーであってもせいぜい6割程度、トレードの時間軸が長くなればなるほど、勝率はもっと落ちます。

勝率6割以下と聞けば、そのロジックや手法が、何か特別なものではないことはお分かりいただけるかと思います。

これは巷で「億トレーダー」と呼ばれるスーパートレーダーであっても同様であり、これが真実です。


ただ1つだけ付け加えておきますと、結果を出しているトレーダーは、この「わずかな優位性」を保つために、相場状況の変化に合わせ、ロジックや手法に定期的に調整を加えています。

トレードで結果を出すポイントは、ロジックや手法はもちろんなのですが、この「調整」がポイントであったりするわけです。




当セミナーでご提供するEA「D system(ディーシステム)」は、この「トレードで結果を出すポイント」を再現すべく、「ロジック完全公開」「全パラメーター変更可能」という仕様と致しました。

ロジックの優位性に関しましては、既にご覧いただきましたとおり、期間10年以上に及ぶ過去検証(バックテスト)で証明しています。


また「全パラメーター変更可能」という仕様にすることで、相場状況の変化に合わせ、ロジックに定期的に調整を加えることも容易に可能としております。


当セミナーではこのEAをベースに「自分の力で勝ち続ける真のシステムトレーダー」 へと成長していただきます。


 



「トータルで利益が出れば、それでよい」

この考え方は、非常に重要であり、トレードの核心であると思います。

トレーダーであれば、どのような相場状況でも勝てるロジック、いわゆる「聖杯」を追い求めてしまうものです。そしていつしか多くのトレーダーは、「聖杯」など存在しないことに絶望していきます。

トレードにおいて重要なのは、ありもしない「聖杯」を追い求めることではなく、負けを受け入れつつ、トータルで利益を出すという考え方になります。

勝てる相場状況でしっかりと勝つ。勝てない相場状況では正しく負ける。(=ルール通りに負ける。)そしてトータルで利益を出していく、これがトレードの核心です。

結果を出しているトレーダーも、多くの負けトレードを経て、トータルで利益を出しています。おそらく想像よりも泥臭い作業を繰り返しています。

「聖杯」というトレーダー共通の夢を壊すわけではありませんが、このトレードの核心に気づいたときに、トレーダーとしてもう1つ上のステージに行けるのではないかと思っています。







当セミナーのコンセプトは、先述のとおり、当セミナーでご提供するEA「D system(ディーシステム)」を運用しながら、セミナーご参加者様が「自分の力で勝ち続ける真のシステムトレーダー」 へと成長していただくことです。

具体的には以下の5つのステップにより、「真のシステムトレーダー」へと成長していただきます。 




EA「D system(ディーシステム)」は、セミナー内でロジックを完全公開しております。

まずは実際に運用に入る前に、必ずEAのロジックを理解されて下さい。

最終的にはロジックを調整(オプティマイズ)できる力を身につけていただきますので、ベースとなるロジックの理解はそのための第一歩となります。




次に過去検証(バックテスト)を実施され、ご自身の目で優位性を確認されて下さい。

トレーダーとして結果を出したいのであれば、過去検証(バックテスト)は、基礎の基礎となります。セミナーでは、MT4を使用した過去検証(バックテスト)方法、およびテスターレポートの分析方法を解説しております。

もちろん、ロジックの調整(オプティマイズ)を行う場面におきましても、過去検証能力は必須となります。システムトレーダー・裁量トレーダーによらず、優秀なトレーダー ほど、高い過去検証能力を持ち合わせているものです。


 

EA「D system(ディーシステム)」は全パラメーターが変更可能となっております。

ロジック自体は比較的シンプルで、長期に渡り機能する可能性が高いと自負しておりますが、相場状況の変化に合わせ、調整を加えること(オプティマイズ)でより高いパフォーマンスを発揮することでしょう。

ロジックを調整(オプティマイズ)できる力を身につけ、長期に渡って優位性のあるトレードを淡々と繰り返すことで自ずと結果はついてきます。 セミナーでは、MT4を使用したロジックの調整(オプティマイズ)方法を「5つのメソッド」と共に解説しております。  




EAを利用した自動売買におきましては、誰が実践しても同じ運用結果となるのが魅力の1つであり、それは事実ではありますが、何かその部分ばかりがフューチャーされ過ぎているように感じています。

システムトレーダーのタスクは、EAをMT4に設定して終わりではありません。もっと他に重要なタスクがあります。そして、そのタスクをきちんとこなせば、単刀直入に申し上げまして、ほったらかしで運用するよりも格段に成績がアップする可能性が高くなります。





 




結果を出しているトレーダーに共通することは、優位性のあるロジックや手法を淡々と繰り返していること、またそのロジックや手法の優位性を保つために、相場状況の変化に合わせ、少しずつ調整を加えていることの2点になります。

当セミナーでご提案しているトレード手法は、EAによる自動売買を利用したシステムトレードとなりますので、裁量トレードと比較した場合、「淡々と繰り返す」という部分において、格段に再現性が高いものとなります。

また先述のとおり、当セミナーでご提供するEA「D system(ディーシステム)」は、全パラメーター変更可能となっておりますので、相場状況の変化に合わせてロジックに「調整を加えていくこと」も容易です。もちろんそのためのカリキュラムもしっかりご用意しております。

MT4のバックテスト機能(ストラテジーテスター)を使用すれば、期間10年以上の過去検証(バックテスト)も瞬時に行えますので、ロジックの調整も効率的かつ有効的に行えます。

以上のことから、当セミナーにご参加され、真のシステムトレーダーを目指すことは、トレードで結果を出すために最も現実的かつ、最短のルートであると自負しております。








当セミナーでは、セミナーご参加者様が「自分の力で勝ち続ける真のシステムトレーダー」 へと成長していただくために必要な要素をすべてご用意致しました。











 





 







当セミナーのコンセプトは、先述しましたとおり、セミナーご参加者様が「自分の力で勝ち続ける真のシステムトレーダー」 へと成長していただくことになります。


当セミナーでご提案しているトレード手法は、EAによる自動売買を利用したシステムトレードとなりますので、チャートに張り付いておく必要がなく、本業をお持ちの方でも十分に実践可能です。

むしろ、本業をお持ちの方にこそ、当セミナーにご参加いただき、真のシステムトレーダーに必要な知識・スキルを身につけていただきたいと考えております。


EAを利用した自動売買が日本で認知され始めてから、既に10年以上が経過しています。

誰が実践しても同じ運用結果となるのが自動売買の魅力の1つであり、それは事実ではありますが、何かその部分ばかりがフューチャーされ過ぎているように感じています。

このセミナーを通じて、最もお伝えしたいことは、システムトレーダーのタスクは、EAをMT4に設定して終わりではなく、もっと他に重要なタスクがあるということ、そしてそのタスクをきちんとこなせば、ほったらかしで運用するよりも格段に成績がアップする可能性が高いということです。


これからの時代、投資の知識・スキルは必ずや必要不可欠となります。

ぜひこの機会にご参加のほど、ご検討いただければ幸いです。


最後までお読みいただきありがとうございました。
 









 



 クライアントページへのご招待(メール送信にてご案内)
 トレーディングプログラム(ex4ファイル)
 クライアントページ(システムトレーダーとしての知識、スキルの解説・学習) 
※製品は全てオンラインでのご提供となります



 メールサポート
 トレーダー通信による最新情報の配信(不定期配信)
※トレーダー通信=メールマガジン/ソフトウェアアップデート情報・新製品情報等の配信



ソフトウェア動作環境
CPU:Core2 Duo 1.8GHz以上
メモリ:2GB以上
HDD:空き容量1GB以上
OS:Windows XP,WindowsVista,Windows 7/8/10



 

 

投資に係るリスクおよび手数料について
外国為替証拠金取引は価格変動リスクを伴い、また証拠金を上回る取引を行うことがありますので、場合によっては投資額を上回る損失を被る可能性があります。
また取引業者の売買手数料がかかる場合があります。