ソフトウェア名 : Ava Swing System (エヴァスイングシステム) 
 
 対象通貨 : FX  GBP/JPY  EUR/JPY
 トレードタイプ : スイングトレード
 最大ポジション数 : 1通貨ペアにつき「2」 ※設定により変更可 
 動作環境 取引プラットフォーム「メタトレーダー4」上で動作
 バージョン情報 : 最新バージョン V2.5
  ※ソフトウェアは販売タイプとなります。月額費用等は一切掛かりません。また本製品は「フリー口座版」です。口座制限等はございません。

 






本EA(エキスパートアドバイザー)はFXトレードに特化した戦略プログラムです。

対象通貨はGBPJPY(ポンド/円)およびEURJPY(ユーロ/円)専用となります。


本EAの特徴は



により安定的な利益の積み上げを狙う点にあります。


また従来のトレンドフォローロジックと比較してより大きな利幅の獲得が期待できる
 


を実装している点も大きな特徴の1つです。


ロジックの時間軸を1日〜数日間のスイングトレードとしているため、マーケットの小さなノイズに左右されることなく、比較的大きな利幅を狙うことを可能としたモデルとなります。




※EAとは取引プラットフォーム「メタトレーダー4」上で動作するソフトウェアです。










※データはスタート資金10,000ドル Lots : 0.1(1万通貨) 固定で検証実施
※FXDD社提供1分足データ使用


 

   システム主要データ Ava Swing System  対象通貨 GBP/JPY EUR/JPY 

   期間:2005.01〜2016.01   損益(ドル):
+25,720

   プロフィットファクター:1.60   売買回数:1398   勝率:65.37%

 









本EA「Ava Swing System(エヴァスイングシステム)」は複数の通貨ペアでトレードを行う「合成戦略」となります。「合成戦略」という形式を採用することによりシステムの高い安定性を実現しています。

各資産曲線をクリックいただくことで通貨ペア別のシステムデータをご覧いただけます。

※単一の通貨ペアでのご使用も可能です。














本EAは「買いロジック」「売りロジック」が完全独立型となっています。

そのため上記2通貨ペアで同時稼働させた場合、GBPJPYの「買いロジック」「売りロジック」+EURJPYの「買いロジック」「売りロジック」の合計4つのロジックの合成戦略となります。

この場合、1通貨ペアにつき最大保有ポジション数が「2」となりますので、2通貨ペア同時稼働で理論上、最大保有ポジション数は「4」となります。

※最大保有ポジション数は設定により変更が可能です。







今回のロジックには



を採用していますので過度のリスクを取ることなく比較的安全な運用が可能です。







当オフィスでは信頼できる過去データを2005年分より保有しております。

上記データからもお分かりいただけるように、2005年からの長期間におきましても年間ベースでは無敗となっております。







システムトレードにおける資産増加パターンとして、「システムが得意としないマーケット状況(フラットゾーン)」「システムが得意とするマーケット状況(プロフィットゾーン)」が必ず存在します。

この2つのゾーン「フラットゾーン」と「プロフィットゾーン」を繰り返しながらトータルで利益を上げていくことになりますので、実際の運用局面においては中・長期的な目線が必要になります。

また、あらかじめ「フラットゾーン」と「プロフィットゾーン」が存在するということを知っておくことでメンタル面におけるストレスも軽減されるかと思います。
 















本EAの特徴は

 複数通貨ペア対応の合成戦略

により安定的な利益の積み上げを狙う点にあります。


また従来のトレンドフォローロジックと比較してより大きな利幅の獲得が期待できる

 予兆判定型トレンドフォローロジック

を実装している点も大きな特徴の1つです。


ここではその大きな特徴の1つである「予兆判定型トレンドフォローロジック」について解説していきます。






 



通常のトレンドフォローロジックはトレンド発生という「既成の動き」を売買サインとしてエントリーします。

要するにトレンド発生後にポジションメイクを行うわけですから、上昇トレンドでは「1」のポイント、下降トレンドでは「2」のポイントあたりでのエントリーとなり、獲得できる利幅は制限されてしまいます。

※青い矢印が「新規買」、赤い矢印が「新規売」となります。








 



「予兆判定型トレンドフォローロジック」は独自のマーケット分析によりトレンドが発生する前の期間(予兆期間)の動きを売買サインとしてエントリーします。

これによりトレンド発生前にポジションメイクを行うことが可能となり、従来のトレンドフォローロジックと比較してより大きな利幅の獲得が期待できます。

上昇トレンドでは「1」のポイント、下降トレンドでは「2」のポイントといった、トレンド発生前にポジションメイクを行うことも可能で、1つのトレンドを丸ごと利益に換えることも珍しくありません。

※青い矢印が「新規買」、赤い矢印が「新規売」となります。







「予兆判定型トレンドフォローロジック」はトレンド発生前にポジションメイクを行うと申しましても、残念ながら未来を予測する魔法のロジックというわけではありません。

従来のトレンドフォローロジックがトレンド発生という「既成の動き」を売買サインの拠り所としているのに対し、「予兆判定型トレンドフォローロジック」は「予兆期間の動き」を売買サインの拠り所としているに過ぎません。

しかしながら、この発想によりトレンド発生前にポジションメイクを行うことが可能となり、より大きな利幅の獲得が期待できることは紛れもない事実です。
 
またトレンド発生前にポジションメイクを行った場合でも従来のトレンドフォローロジックの勝率と比較しまして、何ら遜色はありません。

損小利大を目指すロジックとしては比較的優秀な勝率60%程度を維持しています。
 










本ストラテジーの場合、システムのリスク値等を考慮致しまして

 資金5,000ドル(約50万円)に対して0.1ロット(1万通貨)での運用をリスク上限値

の目安とされて下さい。


資金が10,000ドルであれば0.2ロット(2万通貨)程度

資金が1,000ドルであれば0.02ロット(2千通貨)程度がリスク上限の目安となります。


各ユーザー様のリスク許容値に合わせリスクを厳格にコントロールされて下さい。















 
本EA「Ava Swing System(エヴァスイングシステム)」は

 複数通貨ペア対応の合成戦略

により安定的な利益の積み上げを目指します。


また従来のトレンドフォローロジックと比較してより大きな利幅の獲得が期待できる

 予兆判定型トレンドフォローロジック

を実装している点も大きな特徴の1つとなります。


トレードの王道である「損小利大」を目指すロジックで、ある程度の期間を視野に腰を据えたトレードを実践されたい方には最適なEAです。本EAを「適切な資金管理」のもとご利用いただければ、おのずと利益は積み上がっていくことと思います。


また本EAはすべてのメタトレーダー4採用ブローカーに対応していますので、様々なトレードシーンで活躍するEAです。
本EA「Ava Swing System(エヴァスイングシステム)」が皆様のトレードの一助となれば幸いです。


最後までお読みいただきありがとうございました。








 
 


 






1 証拠金取引は価格変動リスクを伴い、投資額を上回る損失を被る可能性があります。また取引業者の売買手数料がかかる場合があります。
2   本製品のシステムデータは過去のデータに基づき計算したものであり、将来の利益を保証するものではありません。
3   本製品・サービス内では投資助言に該当する内容のご質問等にはご回答致しかねますのであらかじめご了承下さい。

 


製品はすべてダウンロードでのご提供となります

「ex4ファイル」「はじめにお読み下さいPDF 2ページ」「設定マニュアルPDF 5ページ」


ソフトウェア動作環境

CPU
メモリ
HDD
OS
Core2 Duo 1.8GHz以上
2GB以上
空き容量1GB以上
Windows XP,WindowsVista,Windows 7 

 






  






 

<プライバシーポリシー>

当オフィスは関係法令等を遵守し、実施するあらゆる事業において、個人情報の保護に努めます。当オフィスが取得した個人情報は使用目的をできる限り特定するとともに、その使用目的の範囲でのみ使用致します。法令等の規定に基づく場合を除いて、個人情報を事前に本人の同意を得ることなく第三者に提供することはございません。


<リスク警告>

外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替 取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって 損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。