お疲れ様です。トレーディングオフィスです。

当オフィスでは主に証券会社・投資顧問会社等の各機関にEAをはじめとするソフトウェアの提供を行っております。

現在ではその安定性が認められ海外の証券会社へ提供するまでに成長致しました。


さて、本書ではこれまで当オフィスが長期に渡り培ったEA運用経験から分かってきた

■ ドローダウンに対する正しい対処法

について実際に当オフィスが過去に経験した実例を用いて 解説しています。


どんなに優秀なEAであれ、必ず「好調期」と「不調期」が存在し、例外はありません。

システムトレードにおいて「好調期」にあるEAはそれこそ「ほったらかし運用」で構わないのですが、「不調期」にあるEAに対しては正しく対処する必要があります。

「不調期」にあるEAに対して正しく対処できるか否かは運用の成否に関わる重要なポイントとなりますし、システムトレーダーにとっては腕の見せ所となるわけです。


本書が皆様の運用のご参考になれば幸いです。
 










 

<プライバシーポリシー>

当オフィスは関係法令等を遵守し、実施するあらゆる事業において、個人情報の保護に努めます。当オフィスが取得した個人情報は使用目的をできる限り特定するとともに、その使用目的の範囲でのみ使用致します。法令等の規定に基づく場合を除いて、個人情報を事前に本人の同意を得ることなく第三者に提供することはございません。


<リスク警告>

外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替 取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって 損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。