今回「EAプログラミングセミナー」というオンライン形式のセミナーを監修しました。

文字通り、EAのプログラミングを習得するためのセミナーとなります。

 

■□ EAプログラミングセミナー【スタンダード講座】EAプログラマーへの最短ルート

■□ 詳細はこちら

 

 

どのような構成のセミナーにすれば、セミナーご参加者様がEAのプログラミングを習得することができるのか?

非常に頭を悩ませた部分です。

 

何か新しいものを学ぶときに、まずは基礎から、そして基礎が固まったら応用へ、という順序が一般的な考え方だと思います。

もちろんこの考え方が間違っているとは言いません。

 

ではこの考え方をEAのプログラミングに置き換えてみましょう。

私は今回、当セミナーを監修するにあたって、できる限り多くのEAのプログラミングに関する書籍に目を通しました。

多少の違いはあれど、ほとんどの書籍では、例えば「移動平均線のゴールデンクロスがうんぬん」といった簡単なサンプルプログラムを使って、EAのプログラミングを解説していました。

それができれば、次は応用で、別のテクニカル指標を加えてみたり、エントリーに時間制限を付けてみたりといった具合です。

確かにこれだけでも、EAのプログラミングを学ぶことは可能だと思います。

 

しかしながらここで問題発生です。

おそらくEAのプログラミングを習得したい方が最終的に求めているものは、「勝てるEAがプログラミングできるようになること」だと思います。

この「移動平均線のゴールデンクロスがうんぬん」といった簡単なサンプルプログラムの先に、その求めているものがあるのかと言えば、答えはノーです。

いくら移動平均線のゴールデンクロスをこねくり回したところで、勝てるEAは完成しないからです。

 

そこで発想の転換です!

私は今回のセミナーで「SwingSystem for Developer(スイングシステム フォー デベロッパー)」というEAのロジックおよびソースコードを完全公開しました。

まずは基礎からという考えを捨てて、はじめにEAのプログラミングを習得したい方が最終的に求めているものを示したいと考えたからです。

もちろん将来のことは断言できませんが、現時点で2年以上に渡り、実際に利益を出しているEAです。

 

そして、このソースコードに徹底的に解説を加えることで、EAのプログラミングを学習していただき、さらにはセミナーご参加者様各々のアイディアを足していただくことで、オリジナルのEAをも完成してもらう。

アイディアを足していただく際には、必要に応じて、こちら側がメールサポートを行う。

まさにこの形こそが、私がEAプログラミングを学習し始めた10数年前に欲しかった環境なのです。

「EAのプログラミングの基礎は教えますが、勝てるロジックは自分で考えて下さい。」では、やはり無理があると思うのです。

 

今回私が監修した「EAプログラミングセミナー」は言い換えれば、私が欲しかったEAプログラミングを学ぶ環境を再現したものと言えます。

手前味噌ですが、なかなかよい環境ができたと思っていますし、さらなるコンテンツの追加で、もっとよりよい環境にできればと考えています。

EAのプログラミングを学びたくなったら、ぜひ門を叩いてみて下さい。

 

■□ EAプログラミングセミナー【スタンダード講座】EAプログラマーへの最短ルート

■□ 詳細はこちら