EAのバックテスト方法 Chapter 2

2

onlinemanual

MT4を起動させ「表示」⇒「ストラテジーテスター」をクリックします。

15

 

以下の画像ように「テスターウィンドウ」が開きます。

16

 

テストを行うEAに合わせ各項目を変更します。

9 エキスパートアドバイザー : 

バックテストを行うEAを選択します。

9 通貨ペア : 

バックテストを行う通貨ペアを選択します。

9 モデル : 

全ティックを選択することで精度の高いバックテストが可能です。

9 期間 : 

バックテストを行う時間足を選択します。

9 スプレッド : 

通貨ペアのスプレッドを選択します。「現在の」を選択すると現在MT4に表示されているスプレッドがテストに適用されます。

9 日付と時間を使用 : 

チェックを入れることでバックテストの「開始日」「終了日」が指定可能になります。

9 ビジュアルモード : 

チェックを入れると実際にEAがどのようなタイミングで取引を行っているのかを視覚的に確認することが可能になりますがテストに時間が掛かります。

9 最適化 : 

バックテストを行う際はチェックを外しておきます。

 

次に「エキスパート」をクリックします。

17

 

「テスト中」タブで「初期証拠金」「口座通貨」を選択します。

18

 

「パラメーターの入力」タブでEAのパラメーターを設定します。パラメーターの詳細に関しましては製品に付属の「設定マニュアル」をご覧下さい。設定が完了したら「OK」をクリックします。

19

 

「スタート」をクリックするとテスト開始となります。

20

 

緑の「進捗バー」でバックテストの進捗状況が確認できます。進捗バーが右端に到達すればバックテスト完了です。EAやバックテスト期間により数分から数時間掛かる場合もあります。

21

 

バックテストが完了すると各種データが閲覧できるようになります。

22

 

また「レポート」画面で右クリックして「レポートの保存」をクリックすると以下の画像のようなHTML形式のレポートとして保存できます。

23

 

HTML形式のレポート(ストラテジーテスターレポート)には様々な項目・数値が表示されています。以下は各項目の解説となります。

strkaisetsu

 

ch1ch2_1

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ